オリジナルTシャツプリントの風船工房

メニュー トップページログイン買い物カゴ
オリジナルプリント
デザインTシャツ
アウトレット商品
お問い合わせ
ご利用ガイド
サイトマップ
会社概要
書体パターン集(PDF)
ロゴパターン集(PDF)
無料フォント配布サイト
無料写真・イラスト素材サイト
5,500円(税込み)以上お買い上げの方は送料&代引き手数料が無料(北海道・沖縄 別途見積り)
Facebookページもチェック

当サイトに掲載されていないPrintstar、United Athle、GILDANの商品は
下記のWEBカタログをご覧ください。 United Athle WEBカタログ
Printstar WEBカタログ
GILDAN WEBカタログ

※価格はカタログと異なるため、下記のPDFファイルでご確認ください。
United Athle 価格表
Printstar 価格表
GILDAN 価格表

※当サイトに掲載されていない商品をご希望のお客様は電話、FAX、オンラインフォームよりお問い合わせくさい

TOPページ > オリジナルプリント > メイキングストーリー > デザイナーを目指すBくんの場合

メイキングストーリー

デザイナーを目指すBくんの場合2014年4月1日以前のストーリーですので、
商品及び価格は現在の情報と変わっている可能性がございます。

自分のデザインしたTシャツを、フリーマーケットや自分のサイトで売り出したいB君。
「でも最初からたくさんは売れないだろう。スクリーンプリントでとりあえず20枚注文しよう。」
ということでスクリーンプリントで20枚注文することにしました。
10cm x 10cmの2色のデザインを左胸元につけます。
版代は、プリント面積10cm x 10cmぐらいだと1版6,000円なので、6,000円 x 2版 =12,000円。
プリント代は10cm x 10cm以内1色150円、以後1色増えるごとに50円UPなので、200円 x 20枚 = 4,000円。
1枚960円の日本産Tシャツにします。960円 x 20枚 = 19,200円。
総額35,200円で、1枚あたり1,760円になりました。


半年後、すべてが売れてしまい、新たにTシャツをつくらなくてはいけなくなりました。「版は約1年間保存されているから、版代はいらないし、プリント料金だけでいいんだ。そうなるとTシャツ代金1枚960円 + プリント料金1枚あたり200円 = 1,160円でつくれるんだ!じゃあ、今回の注文は5枚くらいにしようかな。でも版ってプリントを何度も繰り返したら傷むんだろうな」

その通りです。版にも寿命があり、プリントしてはまた保存を繰り返すと、版が早く傷んでしまうのです。版を洗い流す処理が一番版を傷めるのですが、少ない枚数のためにプリント作業を行うと、その都度版を洗うことになりますからそれだけ寿命を縮めてしまうのです。版が傷んで使えなくなると同じデザインで、もう一度版を起こす必要が出てしまい、結局1枚当たりの料金がかさんでしまいます。

「次はスゥェットパーカにも挑戦しようかな。アイテムを変えても同じ版を使えるから、1枚2500円のパーカーを選べばプリント料金200円と合わせて1枚あたり2,700円でつくれるんだ!でも、スウェットパーカにはこのデザインをもう少し大きくつけたいな。大きさを変えるのはお金がかかるんだろうか?

追加注文の場合でも版の一部を修正した場合は別途料金をいただきます。

「うーん、もう少しこのTシャツを一生懸命売ることにしよう。今回も20枚注文しよう!」


関連ページ

メイキングストーリーの一覧

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) fusen-kobo.com
ホームページ制作会社 株式会社エクザム